ウォーターサーバーのボトルの種類

ウォーターサーバーの水が入ったボトル、このボトルの材質と特徴は大きく分けて二つあります。

リターナブル方式とワンウェイ方式です。

リターナブル方式はいわゆる返還できssる、という意味でつまり使用済みのボトルをリサイクルして使う方式となります。

少し前まではこのタイプが主流でした。
しかし衛生面、とくに水を押し出すために外気を取り込まなければならないため、サーバーを設置している部屋の衛生状況次第ではすぐに水が傷んでしまうという欠点が指摘されており、サーバーを使っている側もそれを避けようとするため次第に主流ではなくなりつつあります。

なぜ水が傷むか、ですが空気中の雑菌やカビ菌がボトル内に侵入し、水の中のミネラル分を栄養として繁殖するからです。
カビによって匂いが出てしまったり、なんとなくヘンな味がするといった場合、それはボトル内に住みつく細菌類が悪さをしているにほかなりません。

衛生面に加え、リターナブル方式は返却が義務付けられているために、水を使い終わったあと捨てるわけにもいかず、空きボトルの置き場所に困りますし、
回収した後業者が洗浄・殺菌しているとはいえ、人の家で使ったボトルに入った水を使わなければならないといった、どことなく生理的に嫌な感じがします。

使用している側にはデメリットも多いのがこのリターナブル方式です。

一方、ワンウェイ方式ですがこれは柔らかいPET樹脂製のボトルが使われており、外気を取り込まず、水を使用すればどんどんしぼんでいきます。たとえて言うなら点滴の袋です。このようになっているので、ボトルの中に外気が入らず、雑菌やカビなどの菌類も混入する心配はありません。

これは無菌エアーシステムとも呼ばれており、万が一中に空気が入ってもサーバーに備え付けられている機能(活性炭フィルターやオゾンによる殺菌)で清潔な状態を保つことができます。

つぶれてぺしゃんこになったボトルをどうするかというと、これは返却する必要はありません。
ペットボトルのごみとしてカンタンにつぶして捨てることができます。
リターナブルのボトルと違い、同じものが再利用されませんから衛生面も安心ですね。

使い終わっても置き場所をとることはないのもメリットですし、ワンウェイボトル方式ですとウォーターサーバー自体もいろいろと種類が豊富になります。

とりわけサーバーの上ではなく、下の足元に設置するタイプもありますから女性やお年寄りがボトルを設置するのもカンタンにできます。
水の入ったボトルを選ぶ際には、このような違いがあることを念頭に使いやすいものを選んだ方が良いでしょう。

























▲ TOPページへ戻る

トップページ運営者情報特定商取引法表記サイトマップ体験談募集ページ