ウォーターサーバーの費用とは?

ウォーターサーバーを導入する一般家庭も増えてきましたが、まだまだ浸透しているとは言い難く、多くの方がその導入で迷っているのが費用面ではないでしょうか。

そもそもウォーターサーバーがレンタルなのか、購入するのかもわからない方がいらっしゃるかもしれません。

そこでウォーターサーバーにかかる費用についてご紹介します。

ウォーターサーバーのデメリットの一部である費用を明らかにすることで、導入するかしないかの判断材料を提供していきましょう。

ウォーターサーバーの費用は大きく分けて3つ


・電気代

・水代

・ウォーターサーバー代(レンタルor購入・メンテナンス費用など)


まずは電気代です。

ウォーターサーバーの電気代は、それを製造する会社、その製品のスぺック、サイズなどで違ってきます。機能的には冷水と温水を作り出すために使われる熱量がメインコストとなります。ただ平均値として、どのメーカーのものもだいたい月1千円前後で、24時間1か月フル稼働させても月々この値段で稼動させることができます。

電気ポットを一か月間電源を入れたままにした場合とほぼ変わらない電気代なので、電気代のコストとしてはあまり気にするレベルではないと思われます。

次に水の代金について

水の代金はピンキリで、ウォーターサーバーの会社の商品ラインアップによって異なります。こだわりの成分が含まれているような天然水の場合、価格は高くなりがちですがそれほど差は出てこないでしょう。12リットルのウォーターサーバーボトルで1000円〜1500円がメインの価格帯でしょう。2リットル170円とすればスーパーで安売りしている天然水よりも若干高いというところでしょうか。

ただスーパーから買ってくる手間、ペットボトルというごみを処理する手間、ペットボトル自体の安全性から考えれば、高くはないですね。

ウォーターサーバー費用について。基本的に費用は無料のところが多いです。費用を取ったとしても高くて1000円です。メンテナンス費用も請求する業者としない業者まちまちで、年間維持費として5000円を請求する所もあります。しかし、ウォーターサーバー自体のクリーン機能によってメンテナンス要らずのサーバーも増えていますから、導入に際にこういったランニングコストを比較してみるとよいかもしれません。

まとめますと、電気代が1か月1000円、水代がウォーターサーバーボトルX3で3000円、レンタル費用が500円で計算しますと、1か月4500円で使えるという計算になります。

水の安全性の確保、いつでもおいしい水が冷水・温水両方飲める利便性、ペットボトルを購入することの手間、緊急時の水の確保などメリットを考えれば、4500円という値段は高くはないでしょう。

 


























▲ TOPページへ戻る

トップページ運営者情報特定商取引法表記サイトマップ体験談募集ページ