ウォーターサーバーの歴史
ウォーターサーバーと言えば今では一般家庭にまで広く利用されていて、水道水やミネラルウォーターに代わる飲み水として一定の評価がなされていますが、その歴史についてはあまり意識したことがないと思います。


印象としては病院やおしゃれなオフィスなどで見かけることがあったけど、気が付いたら自分家にも置いていた、という感じではないでしょうか。

急速に一般家庭に浸透し始めたウォーターサーバーですが、その歴史はなんと100年以上です。

ろ過装置つきのシステム化されたウォーターサーバーが誕生したのが1910年あたりのアメリカに於いてです。


当時は今のようによりきれいで安全な水を欲して造られたのではないようで、アメリカ南西部の特有の気候=乾燥気候がウォーターサーバーのニーズを高めたのでしょう。安全な飲み水を確保するのは死活問題であり、水は時にお酒よりも高価な値段で取引されたと言われています。

それまでの水の確保は遠く離れた土地から水をくみ、それをタンクに入れて運んでくるという労力もコストも必要な手段がメインであり、水の売買という商売も成り立っていたわけです。

1930年代にはそういった水の運び屋ビジネスが隆盛を極めます。
その一方でウォーターサーバーも水道水が確保できない土地を中心に浸透していきました。
アメリカにおける宅配された水を飲む文化、もしくは土壌が浸透したのはこうした背景があります。

日本においてはもともと水が豊富な土地であり、井戸はもちろん水道も整備されていたので、水は運んできたものを飲むという習慣がありませんでした。

しかしながら高度経済成長期における急速な都市化の影響で、水質悪化が進み、その分水道水を浄水する際に多くの薬剤が使われるなどし、水の安全性への意識が一般市民の間でも意識されるようになり、とりわけ都市部の人々は水は買って飲むものという意識が次第に浸透していったのです。

ミネラルウォーターや家庭用浄水器はその代表的な例でしょう。

日本にアメリカのようなウォーターサーバーが入ってきたのは1980年代で、いまから30年前に存在していたことを考えると、かなり歴史深い製品であると言えます。

しかしながらニーズが高まったのはごく最近、とりわけ東日本大震災において発生した、原子力発電施設の燃料漏れによってでしょう。この放射性物質による飲料 水への懸念は、多くの日本人の心にウォーターサーバーの必要性を強く植え付けることとなりました。

















▲ TOPページへ戻る

トップページ運営者情報特定商取引法表記サイトマップ体験談募集ページ